相続税の課税対象

相続税とは亡くなった人の財産が渡される際にかかる税金のことです。
これは富の集中を避けるためにつくられたため、相続の額が大きいほど、税率は高くなります。
現在の税率は6段階に別れています。
相続税がかかる対象は、亡くなった人が亡くなった時に持っていた財産だけでなく、生命保険金などの亡くなったことによって発生した財産や、亡くなった日から3年以内に相続されたものも含まれます。
この財産とは基本的にお金に換金できるもの全てですが、お墓や仏壇など非課税財産とされる例外があります。
また債務は相続人が支払うため、課税対象分から引くことができます。
これらの計算に加え、相続税の手続きは煩雑なため、税理士への相談が推奨されています。