相続税の控除

相続税は基本的に基礎控除額を超えた分に課せられ、もし控除額以下出れば税金を払う必要も税務署に申告する必要もありません。
この基礎控除額は5000万+(法定相続人の人数×1000万)で計算できます。
基本的にはこの基礎控除額を超えた分について相続税が課せられることとなります。
しかしながら配偶者控除や未成年者控除、障碍者控除などの税金控除が適用されることが多々あります。
たとえば配偶者控除について言えば、配偶者が実際に取得した遺産額が1億6000万以内であれば相続税は課されませんし、未成年者が相続する場合には(20歳に満たない年数)×6万円分が控除されます。
例えば違算金が2億円、法定相続人が配偶者と子供の2人であれば基礎控除額は5000+1000×2千万円でコレを2億円から差し引いた分つまり1億3千万が相続税の対象になります。
ここからさらに配偶者控除や未成年者控除を差し引いたものが相続税となります。