相続税での留意点

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかてくるものです。
まず相続とは、民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。
相続または遺贈により財産を取得すると税金をいったいいくら払わなければならないのか悩む方も多いと思います。
しかし相続すると必ずしも税金を貼らなければならないかというとそういうわけではありません。
相続税には基礎控除があり、遺産の評価額が基礎控除の金額以下であれば相続税はかからず、税務署に対する申告も必要ありません。
また、評価額が基礎控除を超える場合でも、申告をする事によって使える税務上の特例(配偶者の税額軽減、小規模宅地の評価減)により、相続税がかからないケースもあります。
相続すると必ず税金を払わなければならないわけではないので留意しましょう。

自分の家庭は相続税どうなるんだろう?
そんなお悩みを私たちが解決致します

競合他社との説明書の比較分析によるアドバイスもします
足りない部分の改善など差別化を行い優れたマニュアルにします。

適正な納税は豊かな社会づくりにつながります